img-1

保育士の求人とは

待機児童の問題が言われて久しいですが、保育園の数はもちろんのこと、保育士の数も足りていません。

保育園では随時、求人を出しているところも多いですが、なりてが少ないのです。
それは、保育士の待遇があまりにも悪いということが今まであったからです。



長時間労働は当たり前となっており、小さな子供を相手にすることから、緊張も強いられますし、何かあったときの責任も負わなければならないといったことがあります。


そのため、夢として保育士になりたいという思いを持つ人は多いものの、実際に現実を目の当たりにすると、あきらめる人も多かったという現実があります。



しかし、この問題に重い腰を政治があげました。
待遇改善に乗り出したのです。

これからも二極化が進みます。地方のような求人を必要としない保育園がある地域、急速に若い世代を集める、保育園の新規建築、保育士の大量の求人が必要な地域です。
政府は1億総活躍社会を政策にかかげていますが、一番の問題は、働きたい女性が好きなときに働ける状況にないということです。


そういった層を社会に送り出すためには、待機児童の完全なる改善が必要です。



そして、それを実現するために、保育士の早急な待遇改善が必要となってくるのです。

一律で数万円給与をアップするというのが盛んに報道されていますが、それだけではまだまだ不十分です。

しかし、改善が望める、働きやすい環境に変わりつつあるこの業界で働くという選択もできるようになってきています。

関連リンク

img-2

保育士の求人を探してみよう

子どもたちの育ちを支えるプロフェッショナルとしてやりがいを感じながら仕事をすることができます。「せんせい、だいすきだよ」「またあしたね」など毎日の職場に行くことが楽しみになる保育士になってみませんか。...

more
img-3

保育士の求人とは

待機児童の問題が言われて久しいですが、保育園の数はもちろんのこと、保育士の数も足りていません。保育園では随時、求人を出しているところも多いですが、なりてが少ないのです。...

more