img-1

保育士の求人を探してみよう

子どもたちの育ちを支えるプロフェッショナルとしてやりがいを感じながら仕事をすることができます。「せんせい、だいすきだよ」「またあしたね」など毎日の職場に行くことが楽しみになる保育士になってみませんか。


保育士資格を持っている人はもちろん、これから取得してみようという人もまずは保育士の求人を探してみましょう。

どういった勤務時間なのか(シフト制、固定勤務、短時間勤務など求人によります)福利厚生は揃っているか、就労条件はどうか(正社員、契約・派遣社員、パート勤務)など傾向を掴むことができます。



特に、保育士の場合開所時間が早朝の7時頃から夜遅い園だと21時頃までなど各園の特色があり、早朝や遅番はパート勤務に任せる園もあればどの時間も正規職員を配置しているという園もあります。働きたい条件をいくつかピックアップしておき、条件に合う求人を探しておくといざ応募するとなったときに役立ちます。

保育業界では、毎年求人をだす園がほとんどです。



また、年度途中であっても産休・育休職員の代替で求人が出ることも多いです。

年度途中の入社後、次年度からも継続して働けると考えてよいです。
気になる点があれば、面接など直接責任者に話しを聞いてみるとよいでしょう。


保育所では、子どもが好きという人、もの作り・音楽が好きという人、スポーツなど体を動かすことが好きという人など自分の特技を活かした仕事をしたい人材を求めています。



子どもたちと一緒に自分を成長させる機会です。

関連リンク

img-2

保育士の求人を探してみよう

子どもたちの育ちを支えるプロフェッショナルとしてやりがいを感じながら仕事をすることができます。「せんせい、だいすきだよ」「またあしたね」など毎日の職場に行くことが楽しみになる保育士になってみませんか。...

more
img-3

保育士の求人とは

待機児童の問題が言われて久しいですが、保育園の数はもちろんのこと、保育士の数も足りていません。保育園では随時、求人を出しているところも多いですが、なりてが少ないのです。...

more