img-1

一度離れた人が再び保育士の求人に応募する方法

保育士を離れていた時期に何をしていたか、求人で募集に応じて面接に行くと聞かれる可能性が高いです。

子供が生まれて主婦をしていたのなら募集する側は、即戦力として使ってくれます。調理ができて子供の面倒をみた経験がある人は、子供を預かる施設の人からすれば喉から手が出るほどほしい人材です。
また、他の職業に就いて働いていた場合も優遇してもらえます。
社会に出て働いた経験のある人は、社会人として働くことの意味を知っている人です。
そのため、保育士の仕事に対しても冷静な判断で仕事をこなしてくれるので安心できます。ただ、何もせずにぶらぶらしていた人は雇ってもらえない可能性が高いです。なので、何かの資格を取るための勉強をしていた、あるいは家の手伝いをしていたと言うと評価はそれほど下がりません。あと、家族の都合で引越しをして家の手伝いをしていた時は、やむを得ないことなので適切な判断を下してくれるはずです。

履歴書に細かく書けば相手も納得してくれますので、安心して面接に挑みましょう。



一度離れた人が再び保育士の求人に応募する際に必要なのは、やる気と次は辞めないという気持ちです。保育士は子供の健康を維持しつつ成長を助ける仕事なので、やる気がない時は求人に応募しないほうがいいです。



また、辞められると困る職業なので次は決して離れないという強い信念が必要です。


この2つを兼ね備えていると判断されれば、募集している側も喜んで雇ってくれるでしょう。



関連リンク

img-2

保育士の求人を探してみよう

子どもたちの育ちを支えるプロフェッショナルとしてやりがいを感じながら仕事をすることができます。「せんせい、だいすきだよ」「またあしたね」など毎日の職場に行くことが楽しみになる保育士になってみませんか。...

more
img-3

保育士の求人とは

待機児童の問題が言われて久しいですが、保育園の数はもちろんのこと、保育士の数も足りていません。保育園では随時、求人を出しているところも多いですが、なりてが少ないのです。...

more